トピックス

弁護士に相談・依頼するタイミング(交通事故)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1 いつ弁護士に相談に行けばよい?

 交通事故に遭った被害者の方から,「いつ相談に行けば良いの?」「いつ正式に依頼すれば良いの?」と聞かれることが多々あります。
 弁護士によって,相談を受けるタイミング・受任するタイミングは様々だと思いますが,弊所の考えとその理由を説明していきたいと思います。

2 相談のタイミングについて

 弊所は,事故後できる限り早い段階での相談をお勧めしております。
 その理由は,主に2つあります。
 1つ目の理由は,医師の対応が不適切なことが多く,そのような場合は早期に転院を考えなければ手遅れになるからです。

 医師の中には,交通事故の被害者に非常に冷たく,来ないで欲しかったというような態度を露骨に示す医師もいます。
 また,医師は賠償のことを念頭において治療をしている訳ではないことから,弁護士が行っておいて欲しいと考える検査を行っていなかったり,診断書の記載が不適切であったりすることが 往々にしてあります。

 したがって, 賠償のことを全く意識していない医師のもとで治療を継続しても,適切な後遺障害診断書を作成して貰える可能性は極めて低いですし,後遺障害診断書を書くこと自体を拒否されることもあります。
また,交通事故被害者のことを親身に考えてくれない医師にかかり続けることは,交通事故被害者にとって苦痛以外のなにものでもありません。

 そこで,弊所では,交通事故直後に相談に来られた方には,受診されている医師の治療状況等をお聞きし,場合によっては交通事故被害者のことを親身に考えて下さる整形外科医を紹介しております。

 もっとも,転院には一定のリスクが伴いますので,既に長期間通院されている方については医師の紹介が出来ない事態も生じます。
 そこで,弊所は,気づいた時には遅かったという事態を防止する観点から事故後早期の相談をお勧めしております。

 2つ目の理由は,事故後早期に,今後自らに起こるであろうトラブルを知り,その対処法を分かって行動する方が精神的な負担が少ないからです。
 休業損害の打切りや治療費の打切りは,誰しもに起こりうるトラブルです。
 また,保険会社との示談交渉は避けて通ることはできません。

 もっとも,トラブルが起こった際にどうすれば良いかを知っているのと,全く知らずに行動するのでは精神的な負担は違うと思います。

 そこで,弊所では,交通事故の一般的な流れを説明し,今後どのように行動するのが適切かをアドバイスさせて頂いております。
 早期に相談していただければ,それだけ早く精神的な負担は軽減すると思いますので,弊所は,事故後早期の相談をお勧めしております。

3 正式な依頼のタイミングについて

 交通事故被害者の状況によって弁護士が行うべきことが異なることから,一概に「この時期」ということは難しいですが,弊所では,後遺障害の等級申請をする段階で正式な依頼を受けることが多いです。

 後遺障害の等級申請は保険会社に任せれば全ての手続きを行ってくれます(この方法を事前認定といいます。)ので,後遺障害の等級が認定された後に,正式に受任するという弁護士事務所も多いようです。

 しかし,事前認定は手続が不透明であることから,後遺障害の等級申請は,安易に事前認定で行うべきではないというのが弊所の考え方です。

 ご自身で後遺障害の等級申請を行うことも可能ですので,ご自身で申請するのも一つの方法かとは思いますが,必要な書類を揃える手間などを考えると,後遺障害の等級申請をする段階で正式な依頼をするのがベストではないかと思います。

4 まとめ

 示談交渉の段階に至って後悔しないためにも,相談には,事故後早期に行くことをお勧めします。
 休業中は比較的時間があると思いますので,休業中に相談に行かれるのが良いと思います。

 正式な依頼は,後遺障害の等級申請の段階でするのがベストだと思います。
 もちろん,既に後遺障害の等級が認定されている方は,弁護士が介入することにより示談金が増額することが大半ですので,弁護士に依頼した方が良いと思います。

 弊所は,交通事故の法律相談は初回無料です。
 交通事故の被害者を多く治療されている整形外科医の紹介も行っております。

 大阪市鶴見区,城東区,旭区,都島区,門真市,守口市,大東市、東大阪市など大阪周辺で,交通事故に遭われた方は,事故後早期に大阪鶴見法律事務所にご相談ください。

office_pic

関連記事