トピックス

交通事故で弁護士に委任したが・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1 交通事故で弁護士に委任した方からの相談

 最近,既に弁護士に委任している方からの相談を受けることが多くなってきました。
 弁護士費用特約が普及したことで,交通事故直後に弁護士の所に相談に行き,そのまま委任することが多くなっていることが一つの要因なのでしょうか?
 交通事故後早期に相談に行くことは好ましいことなのですが,その弊害も往々にしてあるようです。

 相談の内容は様々ですが,相談の内容として多いのは,弁護士に連絡しているのに全く対応してくれないので不安,説明がないので今どうなっているか分からないので不安,説明が理解できないなどです。

 初回の相談で委任する必要は全くありません。
 一度家に帰ってから,その弁護士に委任するかを検討することをお勧めします。

2 このようは場合は要注意

①弁護士を知らないので,自分が加入する保険会社に言われるがままに委任した。
 保険会社の中には,保険会社が紹介する弁護士に依頼するように強く勧める保険会社もあります。
 このような弁護士があたなに合った弁護士である保証は全くありません。
 むしろ,その可能性の方が低いのではないでしょうか?
 やはり,面倒くさがらずに自分で探して,この人にお願いしようと思って委任する方が良いのではないでしょうか?

②弁護士に遭わずに委任した。
 そんなことがあるのかと思いますが,遠方の弁護士に委任したなど特別な事情もないにもかかわらず,弁護士に一度も遭ったことがないという話を聞きます。
 よほどの事情がない限り一度は遭ってから委任する方がお互いのためではないでしょうか?

③ネットで検索したら上位に表示されたので安心して委任した。
 ネットで上位に表示された事務所があなたに合っているとは限りません。
 ネットに上位に表示される事務所の中には多額の広告宣伝費を使っているという理由だけで,上位に表示されている事務所もあります。
 上位に表示=安心できる事務所ではないのが現実ですので,相談に行って自分に合わないと思った場合には委任しない方が後々のためになると思います。
   
 いずれにしても,一度委任すると解任することはなかなか勇気が要りますので,自分に合った弁護士に委任して下さい。

3 弊所の方針

 弊所は,交通事故後早期の相談をお勧めしております。
 その理由は,交通事故の被害者は事故直後から様々な不安を抱くのが通常であることから,交通事故直後から交通事故の被害者をサポートする必要があると考えているためです。
 また,軽微なむち打ちであっても,人によっては症状が改善せずに後遺障害の等級申請を行う必要が出てくる場合がありますので,できる限り交通事故の被害者のことを親身に考えて下さる医師のもとで安心して治療を行って頂きたいと考えているからです。
 
 もちろん,初回の相談後に委任するように勧誘することは致しません。

 弊所は,交通事故の被害者のことを親身に考えて下さる医師の紹介を行っておりますので,大阪市鶴見区,城東区,旭区,門真市,守口市,大東市,東大阪市など大阪周辺で交通事故に遭われた方は交通事故後早期に大阪鶴見法律事務所にご相談ください。
 

office_pic

関連記事